憑きモノに憑りつかれてしまった時の対処法

憑きモノに憑りつかれてしまった時の対処法

憑きモノに憑りつかれてしまった時の対処法とは?

憑きモノに憑りつかれてしまった時の対処法

 

 

私は、霊能者の仲間といいますか・・・

 

そのようなコミュニティに入っていますので、

 

【人の憑き物を祓う】(除霊)をされている霊媒師さんなんかと何度かお会いしたことがあります。

 

 

「相手の憑き物を祓う行為というのは、とても大変で・・・」と。

 

そんな相談を受けた事も何度かあります。

 

そりゃそうです。

 

中には、憑き物といっても、

 

水子霊のような、自分の子供や、

 

自殺してしまった自分の両親や、

 

その方にすがって、憑りついた親友なんかも含まれるわけですから。

 

 

 

お祓いしようと、向き合うから、話を聞いてしまうから・・・・

 

親身になってしまうから、辛くなってしまうのだと思います。

 

 

時には恨みを買ってしまって・・・・みたいなこともあると思います。

 

 

 

 

私が定期的に行っている会に、

 

相談にみえたり、足を運んでくださる方々の中にも、

 

憑き物が憑いている方がおみえになります。

 

 

ですが、私は、その方達の憑き物を、

 

祓おうとか、落とそうとか、そういった行為は一切致しません。

 

 

 

物事には、程度というものがありますので、

 

本当に深刻な状況(身に災いや不幸)であれば、

 

お祓いして頂けるお寺や神社などをご紹介させて頂きます。

 

ある程度の憑き物(低級霊)であれば、寺社に行くだけでも、落とせますので。

 

 

 

私は、基本的に憑き物は、祓いません。

 

ですが、勝手に離れていくことがあります。

 

 

その為に、然るべき措置をとっていますし、清めているので何の問題もありません。

 

その後、しっかり霊界へといざないますが、

 

私は、憑き物を、祓ってまいません。

 

 

 

私のその空間といいますか場所が、そのように清めていますので勝手に祓われるのであって、

 

もしも、私が積極的に、そのモノを祓おうとすれば私は必ず恨みを買います。

 

しかも、相談者と憑き物の双方からです。

 

 

ここが、とても人間の複雑な部分なのですが、

 

「心」が、弱い(優しすぎる弱さ)があって、憑き物が憑いてしまうのです。

 

離れてほしいのに、実のところは・・・離れてほしくないと願うのが人という生き物です。

 

 

 

いつのことでしたか、

 

私が、昔(霊力を授かった時)から大変お世話になっているお坊さんから、

 

「華風院さん、お身体だけは大事にしてくださいね。憑き物を祓ば、必ず、あなたにも恨みの念が憑いてしまいますから」

 

 

 

憑き物というものは、

 

相手にして欲しいんです。

 

構って欲しいんです。

 

 

だから私は、向き合いませんし、祓うこともしません!!

 

 

私の所に来て、憑き物が勝手に祓われたり、

 

憑き物が落ちたとしても、

 

それは、私が落としたのではなく、勝手に、憑き物の方から成仏しただけのことです。

 

 

 

人として考えれば、

 

例え死んだ人間といえども、冷たいのかもしれません。

 

 

ですが、この世に残るということは、自分の意思で成仏することも可能で、

 

【自分の意のままにならぬ】からといって、

 

その人に憑りつくような魂と向き合う気など、

 

私にはさらさらありません。

 

 

 

私には、そのような弱さや、憑き物に対しての優しさがないので、

 

落ちていってくれるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ